初回相談無料プランも受付中! 03-5206-3755
営業時間
平日 AM9:30~PM8:00
事前にご連絡頂ければ時間外も対応いたします
東京メトロ飯田橋駅B3出口から徒歩3分

建築物 抵当権 

  1. 神楽坂総合法律事務所 >
  2. 建築物 抵当権 

建築物 または 抵当権 または に関する基礎知識記事や事例

  • 会社代表者が認知症になった場合の対応会社代表者が認知症になった場合の対応

    会社の代表者が認知症などによって判断能力が低下した場合、以下の対応を行いましょう。 旧代表者の退任、新代表の選任 会社の代表者の判断能力が低下し、日常業務に支障が出ると、会...

  • 立ち退きのため、契約更新を拒絶された場合の対応立ち退きのため、契約更新を拒絶された場合の対応

    ここでは、家主が借地契約の更新を拒絶した時の、借家人の対応方法について考えてみましょう。 普通建物賃貸借契約は、契約期間が満了しても原則として更新されるため(法定更新。借地借家法26条)、家...

  • 借地を相続する借地を相続する

    借地は相続することができます。 相続の対象 相続の対象は、被相続人の「一切の権限義務」(民法896条)です。 ここでいう一切の権利義務とは、土地・住宅といった不動産の...

  • 家賃増額・減額家賃増額・減額

    家賃増額・減額交渉は、借地借家法32条に定められた正当な権利です。この交渉は、賃貸人・賃借人の双方から行うことができます。 家賃の値上げ・値下げを行うためには、租税の原因・経済的な要因または周辺...

  • 立退きのお願いを書面にする方法立退きのお願いを書面にする方法

    【読んでいただきたい方】 不動産オーナーの方で、 ・貸していた不動産が老朽化しており、建替えたい ・貸していた不動産を自分で使いたいが、借主がなかなか出ていって...

  • 長時間労働とは?時間外労働の限度と対応について長時間労働とは?時間外労働の限度と対応について

    【読んでいただきたい方】 ・長時間労働について知りたい企業経営者の方 【目次】 1. はじめに 2. 長時間労働とは 3...

  • 廃業の方法廃業の方法

    事業継続を断念して「廃業」するという選択肢もあります。すなわち、「自主的に企業の経営を止める」という選択肢です。 しかし、廃業を行う場合、資産や負債を整理し、清算手続きを行う必要がありま...

  • 更新料の支払い義務はあるのか更新料の支払い義務はあるのか

    更新料は法律上の権利ではなく、借地人には支払う義務はありません。 しかし、関東圏や東海圏、京都などの地域では、この更新料は慣習化されており、ほとんどの賃貸借契約書に「契約更新の際は、更新料を支...

  • 家賃滞納で困らないために~不動産オーナーが気をつけること~家賃滞納で困らないために~不動産オーナーが気をつけること~

    【読んでいただきたい方】 不動産を賃貸しているけれど、 ・「借主がなかなか家賃を払ってくれないが何か方法はないか」 ・「長期間の家賃滞納があるため、借主に出て行って...

  • 「コロナによるシフト減」アルバイトでも手当・支援金を請求できる?「コロナによるシフト減」アルバイトでも手当・支援金を請求できる?

    【読んでいただきたい方】 ・コロナの影響で休業を要請された従業員の方 ・コロナの影響でシフトを減らされたパート・アルバイトの方 ・休業手当を受け取...

神楽坂総合法律事務所が提供する基礎知識

よく検索されるキーワード

ページトップへ