初回相談無料プランも受付中! 03-5206-3755
営業時間
平日 AM9:30~PM8:00
事前にご連絡頂ければ時間外も対応いたします
東京メトロ飯田橋駅B3出口から徒歩3分

相続に関する記事一覧

  1. 神楽坂総合法律事務所 >
  2. 相続に関する記事一覧

相続

相続調査

  • 相続人の調査
  • 相続関係説明図の作成
  • 遺産の調査
  • 各種証明書の取得

遺産分割

  • 遺産分割協議、遺産分割協議書の作成
  • 遺産分割調停・審判
  • 寄与分、特別受益
  • 配偶者居住権
  • 相続人廃除

遺言

  • 遺言書の作成
  • 遺言書の検認
  • 遺言執行
  • 遺言無効確認訴訟

遺留分

  • 遺留分に関する交渉
  • 遺留分減殺請求調停・訴訟

相続放棄・限定承認

  • 相続財産・債務の確定
  • 相続放棄の申立て
  • 限定承認

相続人以外の遺産の取得

  • 相続人がいない場合の債権回収
  • 特別縁故者の相続財産分与
  • 相続人以外の親族の特別の寄与

その他

  • 相続税対策
  • 預貯金の相続手続
  • 相続登記の手続き
  • 生命保険、損害保険等の申請サポート
  • 有価証券の解約、名義変更、未受領配当金・端株の手続き
  • 任意後見・成年後見に関するご相談
  • 遺産整理の相談
  • 遺族年金、障害年金の受給申請
  • その他相続に関する相談全般

不動産の相続には、例えば、遺産分割協議、相続登記、相続税申告等さまざまな手続きが関係する可能性があります。また、複数の相続人間で不動産を相続した場合、共有となるため、固定資産税等費用の支払や当該不動産の利用方法等についても考えなければいけません。

しかし、不動産は、価格が大きいうえ、現預金と違い簡単に分けることができないため、相続人間で意見が対立することも多々あります。
そして、このような紛争が続けば、相続税上の特例が使えない、不動産が売却できない等さまざまな問題に派生していく恐れがあります。

また、相続人間で協力でき、不動産の相続登記をしたいとなった場合でも、場合によっては、住民票や戸籍等、登記に必要な書類を収集するのに、思いのほか時間がかかるということも少なくありません。

その他、次のような問題も考えられます。
・ 相続人の死去により遺産分割協議のやり直し等
・ 相続人による勝手な相続登記
・ 共有となった不動産を一部の相続人のみで無償で使用しており不公平な状態となった
・ 被相続人の土地に、無償で建物を建てている親族がいるが、明渡に応じてくれない

これらの問題が起こると、時間や費用がさらに掛かってくるなどの問題も発生してきます。
また、問題のある現状を放置すると、既成事実が積み重なってしまううえ、いざ裁判等を行おうにも必要書類や証拠が紛失してしまっているということもあります。

そのようなことが起こらないためにも、不動産相続に関することは弁護士にご相談されることをお勧めいたします。ぜひ一度ご相談ください。

神楽坂総合法律事務所では、東京23区を中心として、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県の広いエリアで「相続」、「不動産相続」「共有物分割」、「借地権」などの幅広い法律相談を受け付けております。
特に、当事務所は、司法書士、土地家屋調査士との協働事務所ですので、相続登記や測量等もワンストップで対応可能です。「不動産相続」についてお悩みの事がございましたら、お気軽に当事務所にご相談ください。

相続に関する基礎知識や事例

  • 借地権の相続で悩んだら弁護士に相談を

    借地権の相続で悩んだら弁護士に相談を

    【読んでいただきたい方】 ・親から借地権付き建物を相続して、処分しようか迷っている ・借地権付建物を相続したものの、誰が相続するか揉めてしまっている ・でも何から手...

  • 不動産相続の流れをわかりやすく解説

    不動産相続の流れをわかりやすく解説

    【読んでいただきたい方】 不動産を相続したけれど、 ・まず何をしたら良いのかわからない ・不動産の登記までの手続きがわからない という疑問を抱えている方 ...

  • 相続不動産は共有が原則

    相続不動産は共有が原則

    ここでは、不動産を相続した時の基本的事項を確認しましょう。 まず、相続は、被相続人(故人のこと)の死亡によって開始します(民法882条)。そして、被相続人が亡くなった時までに持っていた財産の全...

  • 賃貸不動産の相続は、注意が必要

    賃貸不動産の相続は、注意が必要

    誰かに貸している不動産を相続した場合は注意が必要です。相続開始から遺産分割までの間に発生した家賃収入をめぐってトラブルに発展する可能性があります。 相続が開始すると、被相続人が有していた不動...

  • 外国不動産の相続手続き

    外国不動産の相続手続き

    海外資産を保有している方が亡くなった場合、相続は日本国内の資産だけでなく、海外資産にも及びます。そのため、日本国内の資産と同様に価値を査定し、日本国の手続きに沿って相続を行う必要があります。 ...

  • 相続放棄

    相続放棄

    相続が発生した際に、相続をしない意思表示をすることができます。これを「相続放棄」といいます。 相続放棄は、特に借入金が相続財産に含まれている場合に行われることが多いですが、放棄をするためには相...

  • 不要な土地を放棄することはできない

    不要な土地を放棄することはできない

    不要な土地や建物が遺産に含まれている場合、その処分の仕方を事前に考えておく必要があります。 相続の対象となる財産は、財産的価値のある物だけでなく、借金などのマイナスの財産や、ほとんど価値のな...

  • 不動産相続に関するご相談は神楽坂総合法律事務所にお任せください

    不動産相続に関するご相談は神楽坂総合法律事務所にお任せください

    不動産の相続には、さまざまな手続きが伴います。その手続きを怠ることで罰則があったりということは特にはございません。 しかし、その不動産を相続登記したいとなった場合に、登記に必要な書類が整わない...

神楽坂総合法律事務所が提供する基礎知識

よく検索されるキーワード

ページトップへ