初回相談無料プランも受付中! 03-5206-3755
営業時間
平日 AM9:30~PM8:00
事前にご連絡頂ければ時間外も対応いたします
東京メトロ飯田橋駅B3出口から徒歩3分

借地上の建物の活用

  1. 神楽坂総合法律事務所 >
  2. 不動産・借地トラブルに関する記事一覧 >
  3. 借地上の建物の活用

借地上の建物の活用

借地上の建物を相続した場合、どのように活用すれば良いのか戸惑う方も多いでしょう。ここでは、借地上の建物の活用方法についてご紹介します。

売却する

借地上の建物を相続した場合、自宅用として利用しないならば、まず売却するという方法が浮かぶと思います。

しかし、売却を行う時は注意が必要です。

借地上の建物の売却の際は、通常、借地権も一緒に売却することになりますが、その際、第三者に借地権を譲り渡すことについて地主の承諾が必要になります(民法612条1項)。そして、通常「承諾料」を支払うことになりますが、この「承諾料」は高額となる場合があって、建物を相場より低い価格で売却しなければならないこともあります。そのため、第三者に売る際は、ある程度売却額が低くなることを覚悟しましょう。

なお、地主に対して、建物を買い取ってもらう方法もあります(借地借家法13条)。

賃貸する

建物の状態が良ければ、そのまま他の人に貸して家賃収入を得るという方法もあります。しかも、この時、地主の承諾は必要ないので、建物を十分活用できます。

修繕して貸す

たとえ、建物の状態が悪くても、修繕すれば賃貸物件として役に立つ可能性があります。ただし、大規模な増改築を行う時は地主の承諾が必要となるため、注意しましょう。

神楽坂総合法律事務所が提供する基礎知識

  • 知っておきたい同一労働同一賃金の制度

    知っておきたい同一労働同一賃金の制度

    【読んでいただきたい方】 ・中小企業の経営者や人事担当者の方 【目次】...

  • 廃業の方法

    廃業の方法

    事業継続を断念して「廃業」するという選択肢もあります。すなわち、「自主的に企業の経営を止める」という...

  • 禁止される増改築とは

    禁止される増改築とは

    それではどのような場合に「増改築」といえるのでしょうか。 この点、借地上の建物を長年使用し続ければ必...

  • 非上場株式の相続

    非上場株式の相続

    非上場株式とは、文字通り、金融商品取引所で上場されていない株式をいいます。非上場株式の相続で問題とな...

  • 借地上の建物の登記名義には注意が必要

    借地上の建物の登記名義には注意が必要

    借地上に建物を建てていたところ、その土地の地主が変わった場合の法律関係については、借地上に建てられてい...

  • 借地と遺言

    借地と遺言

    遺言によって、借地をだれに引継かせるかを決めることができます。 遺言による相続分の指定(...

  • 改築に当たるかどうかは微妙な場合がある

    改築に当たるかどうかは微妙な場合がある

    上記のように、「修理・修繕」の場合は「増改築」にあたらないとされていますが、「修理・修繕」と「改築」の...

  • 更新料の相場と金額

    更新料の相場と金額

    借地の更新料の相場は、慣習上、「借地権価格の5~10%前後」や「更地価格の3~5%前後」、「地代の5~...

  • 事業承継税制

    事業承継税制

    事業承継税制とは、後継者が、「中小企業経営承継円滑法」の認定を受けた非上場会社の株式などを、相続・贈与...

よく検索されるキーワード

ページトップへ