初回相談無料プランも受付中! 03-5206-3755
営業時間
平日 AM9:30~PM8:00
事前にご連絡頂ければ時間外も対応いたします
東京メトロ飯田橋駅B3出口から徒歩3分

裁判所が増改築を許可するという手続きがあります

  1. 神楽坂総合法律事務所 >
  2. 不動産・借地トラブルに関する記事一覧 >
  3. 裁判所が増改築を許可するという手続きがあります

裁判所が増改築を許可するという手続きがあります

借地契約上に「増改築禁止特約」が設けられている場合に、地主から増改築の承諾を得られない時であっても、増改築をすることができるケースがあります。

借地借家法は、土地の通常の利用上相当とすべき増改築につき当事者間の協議が調わない場合、借地人は、地主の承諾に代わる裁判所の許可を得ることの申立てをすることができる、と規定しています(同法17条2項)。

裁判所が増改築の許可の決定をすれば、この許可が地主の承諾に代わるものとされるので、借地人は、地主から増改築の承諾を得られずとも、問題なく建物を増改築することができます。

なお、裁判所は、上記許可決定をするにあたって、当事者間の利益の衡平を図るため必要があるときは、他の借地条件を変更し、借地人に対し財産上の給付(つまり、金銭の支払い)を命じ、その他相当の処分をすることができます(同条3項)。

神楽坂総合法律事務所が提供する基礎知識

  • 会社代表者が認知症になった場合の対応

    会社代表者が認知症になった場合の対応

    会社の代表者が認知症などによって判断能力が低下した場合、以下の対応を行いましょう。 旧代...

  • 家賃増額・減額

    家賃増額・減額

    家賃増額・減額交渉は、借地借家法32条に定められた正当な権利です。この交渉は、賃貸人・賃借人の双方から...

  • 借地上の建物の活用

    借地上の建物の活用

    借地上の建物を相続した場合、どのように活用すれば良いのか戸惑う方も多いでしょう。ここでは、借地上の建...

  • 不動産トラブルに関するご相談は神楽坂総合法律事務所にお任せください

    不動産トラブルに関するご相談は神楽坂総合法律事務所にお任せください

    不動産トラブルは、私たちの身近に発生するでき事です。そのため、不動産トラブルに見舞われた際には、専門家...

  • 廃業の方法

    廃業の方法

    事業継続を断念して「廃業」するという選択肢もあります。すなわち、「自主的に企業の経営を止める」という...

  • 共有不動産の処分

    共有不動産の処分

    共有名義の不動産を所有している場合、単独では不動産全体を処分することができません。 単独で行える範囲と...

  • 立退料の相場

    立退料の相場

    家主の都合で、借家人に立ち退きを求める場合、借家人に対して「立退料」を支払うのが一般的です。しかし、立...

  • 相続放棄

    相続放棄

    相続が発生した際に、相続をしない意思表示をすることができます。これを「相続放棄」といいます。 相続放...

  • 借地権を相続した場合の相続の流れ

    借地権を相続した場合の相続の流れ

    【読んでいただきたい方】 不動産を賃借しているけれど、 ・自宅を持っているた...

よく検索されるキーワード

ページトップへ