初回相談無料プランも受付中! 03-5206-3755
営業時間
平日 AM9:30~PM8:00
事前にご連絡頂ければ時間外も対応いたします
東京メトロ飯田橋駅B3出口から徒歩3分

借地トラブルに関するご相談は神楽坂総合法律事務所にお任せください

  1. 神楽坂総合法律事務所 >
  2. 不動産・借地トラブルに関する記事一覧 >
  3. 借地トラブルに関するご相談は神楽坂総合法律事務所にお任せください

借地トラブルに関するご相談は神楽坂総合法律事務所にお任せください

借地に関するご相談は神楽坂総合法律事務所にお任せください。

借地権の対抗要件

対抗要件とは、物権などの権利の得喪について第三者と相争う状態になった場合、その紛争について勝敗をつけるための要件のことをいいます。
借地権についての対抗要件はいくつか用意されています。

地上権の場合

借地権が地上権である場合、地上権の対抗要件は登記(民法177条)です。
第三者と土地の地上権を相争う関係になった場合、先に登記を備えたほうが地上権を取得することになります。

賃貸借契約に基づく目的物使用収益権としての借地権の場合

借地権が賃貸借契約に基づく場合、借地権の対抗要件は、登記(民法605条)です。
もっとも、賃貸借契約においては登記が設定しないのが通常のため、借地借家法で他の対抗要件が用意されています。

借地借家法31条は、建物の所有を目的とする地上権又は土地の賃借権(借地借家法2条1号)については、登記がない場合でも、土地の上に借地権が登記されている建物を所有するときは、これをもって第三者に対抗することができます、(借地借家法10条1項)

神楽坂総合法律事務所は、足立区、荒川区、板橋区、江戸川区、大田区、葛飾区、北区、江東区、品川区、渋谷区、新宿区、杉並区、墨田区、世田谷区、台東区、中央区、千代田区、豊島区、中野区、練馬区、文京区、港区、目黒区を中心に、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県などで、借地権の更新拒絶・地代の値上げ・登記の名義変更・明け渡し請求・更新料・増改築禁止特約・トラブルの対応など、さまざまな借地権の法律問題について、相談を承っております。
お悩みの際はお気軽に当事務所までご相談ください。

神楽坂総合法律事務所が提供する基礎知識

よく検索されるキーワード

ページトップへ