初回相談無料プランも受付中! 03-5206-3755
営業時間
平日 AM9:30~PM8:00
事前にご連絡頂ければ時間外も対応いたします
東京メトロ飯田橋駅B3出口から徒歩3分

借地は更新が原則

  1. 神楽坂総合法律事務所 >
  2. 不動産・借地トラブルに関する記事一覧 >
  3. 借地は更新が原則

借地は更新が原則

借地の契約期間が満了したときに、更新するか否かの条件は旧借地法でも借地借家法でも同じです。

期間満了前に借主と地主(貸主)との間で更新の合意をした場合(合意更新)は当然のこと、借主が更新したいと請求した場合や、期間満了後も借主が土地を使用し続けている場合でも更新します(法定更新。借地借家法5条1項・2項)。

もし、地主が契約の更新を拒絶したい場合には、更新を拒絶する「正当の事由」が必要となります(同法6条)。正当事由の例としては、その土地を地主自身が使用する場合や、その土地を必要とする事情が地主側に認められる場合などです。

しかし、借地人がその土地の上に立てた建物に住んでいたり、その建物で商売を営んでいるような場合には、よほどの事情が無い限り、正当事由があるとは認められにくいようです。

このように、借地の契約期間が満了した場合でも更新するのが原則なのです。

神楽坂総合法律事務所が提供する基礎知識

  • 知っておきたい同一労働同一賃金の制度

    知っておきたい同一労働同一賃金の制度

    【読んでいただきたい方】 ・中小企業の経営者や人事担当者の方 【目次】...

  • 地主の承諾がいらない場合

    地主の承諾がいらない場合

    借地権の譲渡に地主の承諾がいらない場合は次のとおりです。 借地権が地上権の場合 ...

  • 賃貸不動産の相続は、注意が必要

    賃貸不動産の相続は、注意が必要

    誰かに貸している不動産を相続した場合は注意が必要です。相続開始から遺産分割までの間に発生した家賃収入を...

  • 共有不動産の処分

    共有不動産の処分

    共有名義の不動産を所有している場合、単独では不動産全体を処分することができません。 単独で行える範囲と...

  • 立退料の相場

    立退料の相場

    家主の都合で、借家人に立ち退きを求める場合、借家人に対して「立退料」を支払うのが一般的です。しかし、立...

  • 借地上の建物の登記名義には注意が必要

    借地上の建物の登記名義には注意が必要

    借地上に建物を建てていたところ、その土地の地主が変わった場合の法律関係については、借地上に建てられてい...

  • 事業承継税制

    事業承継税制

    事業承継税制とは、後継者が、「中小企業経営承継円滑法」の認定を受けた非上場会社の株式などを、相続・贈与...

  • 借地の期間の満了・更新

    借地の期間の満了・更新

    【読んでいただきたい方】 ・借地期間が終了したことを理由に、土地を明け渡すよういわれ...

  • 借地を相続する

    借地を相続する

    借地は相続することができます。 相続の対象 相続の対象は、被相続人の「一切の権限...

よく検索されるキーワード

ページトップへ