初回相談無料プランも受付中! 03-5206-3755
営業時間
平日 AM9:30~PM8:00
事前にご連絡頂ければ時間外も対応いたします
東京メトロ飯田橋駅B3出口から徒歩3分

一般に増改築禁止の特約がついている

  1. 神楽坂総合法律事務所 >
  2. 不動産・借地トラブルに関する記事一覧 >
  3. 一般に増改築禁止の特約がついている

一般に増改築禁止の特約がついている

借地契約には、一般的に「増改築禁止特約」の条項が設けられています。

「増改築禁止特約」とは、借地上の建物を地主(貸主)の承諾なく増改築してはならないとする特約のことをいいます。

借地人がこのような特約がある建物を増改築しようとする時は、地主の承諾を得るため、地主と協議することになります。また承諾を得るためには、一般に、地代の増額や承諾料の支払いが必要となります。


地主の承諾や裁判所の許可(借地借家法17条)がないのに無断で増改築をしてしまうと、地主は、原則として、この特約違反を理由に借地契約を解除することができます。ただし、このような違反があっても、借地人と地主との信頼関係を破壊する恐れがないときは、解除は認められないとされています(最判昭和41年4月21日民集20巻4号720頁)。

神楽坂総合法律事務所が提供する基礎知識

よく検索されるキーワード

ページトップへ